こんにちは、鍼灸師の犬塚志保です。

 

日本で40万件以上の生殖医療が行われているそうです。

 

16人に一人は体外受精で産まれており、およそ30人クラスのうち2人の割合です。

 

生殖医療が少子高齢化を食い止めているといっても、決して過言ではないのではないでしょうか。

 

しかし、日本での体外受精出生率は世界では非常に低い割合です。

体外受精に取り組んだご夫婦のうち、出産までたどり着くのは約20%。

 

高度な医療技術を備えた病院がたくさんあり、不妊に悩むカップルもたくさんいるはずなのに出生率は横ばいです。

 

妊活に取り組む誰もが体外受精にチャレンジできるわけではありません。

経済的な負担や、体外受精のイメージもあるかもしれません。

 

妊娠を希望して何年以上性生活を・・・という不妊症の定義を見たことはありますか?

 

ここで注意していただきたいのは、教科書的な定義は安心材料にはならないということです。

 

体外受精に取り組んだご夫婦のうち、出産までたどり着くのは約20%。

 

この数字を見て、どう思いますか?

 

医療技術は世界レベルなのに、出生率は低い。

 

なぜでしょうか。

 

体外受精にステップアップする年令が関係しています。日本では、生理や妊娠などの性教育は、恥ずかしいこと、隠しておくことと比較的タブーとされてきました。妊娠に至るまでの経緯にも影響しているのではないでしょうか。

 

 

卵子の質を考えると、1年、1か月でも早く体外受精ステップアップすることは言うまでもありません。

 

 

どのような病院に通っていいかわからない、何から始めたらいいかわからないなど、施術をしながらのご相談も可能です。これから妊活に取り組むご予定かたも、完全個室、女性鍼灸師が担当させていただきますの、安心していらしてください。