こんにちは!鍼灸師の市川です。


今年もこの季節がやってきました...じめじめ、どんより『梅雨』の季節です。


人間の身体の約60%は水分と言われています。その水分を上手に吸収し、排出できるようになりたいですね!




そんな6月は、お水や湿気に関連のある3つのツボをご紹介致します。



まず1つ目は、『水分(すいぶん)』です。

水分!まさにその名の通り、体内の水分代謝を促します。

おへそから親指幅一本分上にあります。

お腹の肌はデリケートなので、お灸をする際は熱感にお気を付けください。



2つ目は、『陰陵泉(いんりょうせん)』です。

泉が付いていて、また水と関係が深そうですね。

下肢のむくみのつぼで、足がむくんでいると痛気持ち良く感じます。

膝の内側で骨のくぼみのところです。



3つ目は、『復溜(ふくりゅう)』です。

身体を温め、水分の排出を促します。

内くるぶしから、指の幅3本分上そこから少し後ろ、アキレス腱の前あたりです。


D3F2F0DC-47A7-4B6D-B1F5-0E4C81F59E9D


【レッツ!ツボケア】   

ご紹介したツボにはお灸をするのがおすすめです。ツボの上にお灸を置いてください。


「水分」については、お腹の肌はデリケートなので、熱すぎるように感じたら取り除いてください。


足のツボ「陰陵泉」「復溜」は痛気持ちいぐらいの強さで指で押すのもおすすめです。





風邪と書いて『かぜ』と読むのが当たり前ですが、東洋医学では『ふうじゃ』と読みます。
かぜが悪さをしている状態を表しています。



同じように梅雨の時期は『湿邪(しつじゃ)』、『水邪(すいじゃ)』にやられます!

3つのツボを駆使して、ジメジメ身体とはおさらばしましょう!



電話予約はこちら
03-5614-0188

ネット予約はこちらからどうぞ


茅場町女性鍼灸院