こんにちは最近右肩のこりに悩まされている市川です。


まあ、自分で刺すからいいんですけどね( ´∀` )


どの鍼灸師さんもそうだと思いますが、簡単な不調であれば自分でちゃちゃっと治療していると思います。おかげさまで病院に行く機会も減りました。

身体は必ず何かしらの変化を伝えてくれます。それにいち早く気付けるかどうか
そして、自然に手が行くところがそこかもしれません
『手当て』
それは小さいころお腹痛~いと泣いていると、お母さんがなでてくれたり。お兄ちゃんにげんこつ食らった頭をおばあちゃんがよしよししてくれたり。

自分でも肩が痛いと肩を触り、頭痛いとこめかみに自然に手が行きますよね。
みな無意識に手当てをしているのです。

触れた暖かい、冷たいだけでなく、乾いている、湿っている。硬い、力がない。
など鍼灸師は手を使って患者様の身体の状態を診ることがあります。

自分の身体に触れて、体調を確認するのも大事かもしれませんね


茅場町女性鍼灸院 03-5614-0188
http://kayabacho-jyosei-shinkyuin.jp/