こんにちは、鍼灸師の犬塚志保です。


当院では、妊婦さんのマイナートラブルにも、鍼灸をオススメしています。


妊娠初期

・つわり

・頭痛


妊娠中期から後期

・腰痛

・坐骨神経痛

・肩こり

・後期づわり


鎮痛剤や湿布が使えない時期には、鍼灸がとても効果的です。


坐骨神経痛は、体重がどんどん増えてくると現状維持が大変です。寝起きや立ち上がり動作などで痛みが出でいる場合、身体の陽気が巡りにくくなっている状態です。鍼灸、ヨガなど、対策はお早めに!トコちゃんベルトの付け方相談だけでもお気軽にお問い合わせください。


また、ふくらはぎがつる方も多くなりますね。

筋肉がつることを、中医学では転筋と呼びます。主に、血虚の症状です。


胎児に栄養をどんどん吸い取られ、羊水で血液も薄くなって、血不足は十分考えられます。血液検査で問題がない方も、お食事などで補いたいですね。三陰交は血を補う作用があるので、お灸でのセルフケアもおすすめです。


お灸のやり方、トコちゃんベルトの付け方相談だけでもお気軽にお問い合わせください。


電話予約はこちら

03-5614-0188

 

ネット予約はこちらからどうぞ


茅場町女性鍼灸院