こんにちは、鍼灸師の犬塚志保です。


陰陽の調整によって、自然界やみなさんの身体もちょうどよいバランスを保ちながら日々を送っています。春分や清明なども陰陽論が使われていますので、カレンダーなどで探してみるといいかもしれませんね。


陰陽のバランスが崩れるとどうなるのか、一緒に見ていきましょう(^o^)


陰陽×虚実で病気の状態を分けていきます。



陰虚

潤いが足りなくなる

冷ます働きが弱くなる

→ほてり、のぼせ、手足があついなど部分的

熱のこもりがでる。肩こりなども含まれる場合がある。厚着してなくても寝汗がある。


陰盛(実寒)

環境や急な気候の変化により身体を冷やしすぎる

→手足の冷え、腹痛、下痢



陽虚(虚寒)

気が減少することにより、結果的に気の温める作用も働きが鈍くなり冷える。前段階として気虚状態を確認できる

→冷え、倦怠感、食欲がない、汗をかきやすい


陽盛(実熱)

環境や気候により、体内の熱が過剰になっている

→全身的に赤い、熱がある、温めると悪化、熱中症など


冷え性が気になるかたは多いと思いますが、より深い原因を探っていくと意外なポイントが見つかるかもしれません。温めても改善しにくい場合は、ご相談ください。

電話予約はこちら

03-5614-0188

 
ネット予約はこちらからどうぞ

 

茅場町女性鍼灸院