こんにちは、鍼灸師の犬塚志保です。



梅雨時期は、からだの重さを訴える方が多いです。



もともと浮腫みやすい方はもちろん、

四季を通して体調が安定している方も、


下腿の重だるさ

全身的な重だるさなど

湿気が関係してると思われる症状を

感じやすいです。





食欲がわかない

水分を欲しない

など、関連臓腑の影響で


消化器系の働きが鈍くなるのも


梅雨時期の特徴です。





東洋医学では


病気になる原因のひとつに


「外邪」があります。

気候の変化によって「外邪」も変化します。



日本は四季の変化がわかりやすいので、


東洋医学を深くご存じでない方も


「外邪」についてのお話は


割と身近に感じられると思います。





梅雨や秋雨の頃は


「外邪」のひとつである


「湿邪」の勢いがあるときです。




「湿邪」は


・下に流れる


・重く、停滞する


・消化器系の機能低下


・陽気を奪う


などの特徴があります。




停滞しやすいため


関節痛などが繰り返されたり。。


重く下に溜まるため


下痢や軟便、浮腫みや腹水など


下半身の症状としてあらわれたり。。




停滞して


代謝に乗らない水分が


行き場を求めて


体内をさまよいます。




農作物のために必要な自然の恵みですが、

早く開けてほしいなと

梅雨明けが待ち遠しい毎日です。