こんにちは、鍼灸師の犬塚志保です。


「なぜ、いとう医院の妊婦さんは逆子が治りやすいのか」の後篇です。


前編はこちら



【逆子矯正2大通説】

その1

逆子がわかってから逆子鍼灸治療を受けるまでの期間が短ければ短いほど、逆子矯正率が高い


その2

28週から30週までが矯正されやすい



伊東院長の判断の元、28週というかなり早い段階で逆子鍼灸治療を受けられることは本当に素晴らしい環境です。

早い時期にお灸などのケアを継続されていたからこそ、治りにくいとされている30週を過ぎてからでも良い結果につながっているのではないでしょうか。


早い方だと、28週未満でも逆子鍼灸治療をお受けになられる妊婦さんもいらっしゃるほどです。


一方、他院の妊婦さんは30週を過ぎてから初診の後予約をいただくことが多く、中には35週で初めてお電話をいただく場合もあります。


胎児の大きさ、母体の負担、臍帯の巻きの有無などを踏まえた上で、主治医の先生の同意があれば鍼灸治療を受けていただくことはできます。


まずはご予約いただき、直接担当鍼灸師にご相談ください。

「三陰交」というツボにお灸と針を行っているところです。

BB9E8FF9-4E59-42CE-A1D5-5E398AFC2CB2


FullSizeRender
逆子コースでは腰と足に、お灸や針をしていきます。

【まとめ】

伊東院長が鍼灸治療に理解があるということは、逆子の妊婦さんの未来にも影響することで、我々鍼灸師にとってもやりがいを感じるところです。


今回は初診時の妊娠週数に着目してお伝えしましたが、妊娠週数が早いほど逆子が戻る確率も高くなります。
まれに30週後半でも矯正成功に至った例もありますが、基本的には28週から30週の間が最も逆子が治りやすい時期です。



いとう医院に通われている妊婦さんは逆子になっても比較的治りやすいこと、

他院にて逆子と言われている妊婦さんは早急に当院にご相談くださいと言うこと、

本日はこの2つをお伝えいたしました。


どの妊婦さんも、ご自身が納得できるご出産をお迎えになることを祈っております。

電話予約はこちら
03-5614-0188

ネット予約はこちらからどうぞ


茅場町女性鍼灸院