陰陽不調のサイン

 こんにちは、鍼灸師の犬塚志保です。


陰陽の調整によって、自然界やみなさんの身体もちょうどよいバランスを保ちながら日々を送っています。春分や清明なども陰陽論が使われていますので、カレンダーなどで探してみるといいかもしれませんね。


陰陽のバランスが崩れるとどうなるのか、一緒に見ていきましょう(^o^)


陰陽×虚実で病気の状態を分けていきます。



陰虚

潤いが足りなくなる

冷ます働きが弱くなる

→ほてり、のぼせ、手足があついなど部分的

熱のこもりがでる。肩こりなども含まれる場合がある。厚着してなくても寝汗がある。


陰盛(実寒)

環境や急な気候の変化により身体を冷やしすぎる

→手足の冷え、腹痛、下痢



陽虚(虚寒)

気が減少することにより、結果的に気の温める作用も働きが鈍くなり冷える。前段階として気虚状態を確認できる

→冷え、倦怠感、食欲がない、汗をかきやすい


陽盛(実熱)

環境や気候により、体内の熱が過剰になっている

→全身的に赤い、熱がある、温めると悪化、熱中症など


冷え性が気になるかたは多いと思いますが、より深い原因を探っていくと意外なポイントが見つかるかもしれません。温めても改善しにくい場合は、ご相談ください。

電話予約はこちら

03-5614-0188

 
ネット予約はこちらからどうぞ

 

茅場町女性鍼灸院

陰陽のバランス

こんにちは、鍼灸師の犬塚志保です。


身体の中と外

お腹と背中

女と男

月と太陽

水と火


陰陽論といって、東洋医学ではすべての物を対立する2つの性質に分けた考える特徴を表します。


含まれる生理物質は血 津液 精です。

(血津液精をまとめて陰液と呼びます)

栄養を与えたり、潤いを保つ特徴があります。

陽に対して、抑制をかけたり、冷ましたり、安静にさせる働きをします。


気の温める作用や巡らせる作用がもとになっています。

陰に対して、温めたり、陰液を身体に巡らせる働きがあります。



身体の状態や病気の進行状況も、すべて陰陽で判断します。陰は静的な、陽は動的な状態です。どちらかに偏る健康を維持することは難しく、なんらかの不調が出てきます。


また、陰陽どちらもバランス良く整えることで、病気になりにくい体を作ることができると考えられています。


電話予約はこちら

03-5614-0188

 
ネット予約はこちらからどうぞ

 

茅場町女性鍼灸院


五臓六腑にしみわたる

こんにちは、鍼灸師の犬塚志保です。


東洋医学でいう五臓六腑は、西洋医学でいう心臓、胃や腸などの働きとは、少しちがうことが多いです。解剖学的な臓腑だけでなく、生理的な働きを含めた概念としての五臓六腑。


五臓には、飲食物から作られた気血津液を蓄えたり、精を貯めておく働きがあります。


六腑には、飲食物の消化吸収、排泄などを行います。常に通りを良くしておくことが大切です。


五臓には、肝、心、脾、肺、腎があります。


六腑には、胆、小腸、胃、大腸、膀胱があります。


個別でも働くことはできますが、臓腑の組み合わせでより良い働きをすることが多いです(^o^)


肝と胆

心と小腸

脾と胃

肺と大腸

腎と膀胱


陰陽関係や表裏関係、経絡の流れなど、いろいろな影響があります。



胃もたれの感覚があるのは日本人だけ、と聞いたことがあります。


胸やけは胃の不調として胃もたれは脾の不調として、ツボ選びします。
症状あるかたはご相談くださいね。


電話予約はこちら

03-5614-0188

 
ネット予約はこちらからどうぞ

 

茅場町女性鍼灸院



記事検索